​瀬戸川饅頭の歴史

江戸末期に初代 加藤栄三郎が考案した 瀬戸川饅頭 は今も変わらぬ製法で引き継がれております。

瀬戸川饅頭 の命である “麹菌” を第二次世界大戦中は 壺に入れ肌身離さず守ったと言い継がれております。

米麹を使用した酒種はその日の気温などにより 毎日変化します。

 

前日の仕込みの際 職人の経験から 【麹菌の状態】 【発酵温度】 【水の温度】 などを五感で感じとり調整します。
 

創業以来150年以上にわたり和菓子一筋で一つ一つ丹精に

心をこめて日々お客様お一人お一人にお喜び頂けるよう心掛けております。

​米麹の発酵工程

瀬戸川饅頭 は無添加・防腐剤不使用です。

そのため賞味期限が1日になります。

米麹で拵えているので アルコールが苦手な方や 妊婦さん・小さなお子様 にも楽しんでいただけます。


揚げ饅頭にしたり 焼き饅頭にして召し上がられるのもおすすめです。

​瀬戸川饅頭

COPYRIGHT © 2018. kawamurayagaei.
ALL RIGHTS RESERVED.

​川村屋賀栄

〒489-0044 愛知県瀬戸市栄町25番地

(0561)84-2221